【 Mリーグ 篇:Week16−①感想戦→桜散る散々な一日 / パイレーツが4人で4連勝!】

Mリーグ

やほー!DetourGeeksのけんちです。

日曜の明け方に死ぬ気で頑張ったかいもあって、ようやっと通常通りの配信が出来そうです。。。
にしてもくっそ眠いぞ。。。
ここからはサボらず!遅れず!書いていこうと思います!

先週のブログはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Week15 前半
【 Mリーグ 篇:Week15−①感想戦→ABEMASが実に15戦ぶりのトップ! / 園田賢、久々に「なんなん」な試合】
Week15 後半
【 Mリーグ 篇:Week15−②感想戦→木曜日はEX風林火山が、金曜日はU-NEXT Piratesが同日連勝!!】


さて、前回までの順位はこんな感じ。

©ABEMA

ドリブンズが遂に-600pt台に戻ってきてしまいました。
ここからは4位はほぼ取れないくらいのポイントになってきますが、果たしてどこまでポイントを回復できるのか。
雷電もちょっと前までは好調だったもののここ数試合はポイントを減らす展開に。
6位のカットラインより上にはいたいところだが、嫌な流れを断ち切ることは出来るのか。

そして3位につけているパイレーツはデイリーダブルの勢いそのままに上位陣をけ落とせるのか。

ってことでWeek16-①感想戦です!
それでは張り切ってどーぞ!!

スポンサーリンク

1/23:上位2チームが仲良く1-4着、サクラナイツは手痛い3-3着

第1試合は麻雀格闘倶楽部 滝沢和典選手が1着。
序盤はサクラナイツ 堀慎吾が3局連続で得点を重ねトップを走るも、中盤は各選手ツモ和了で局が進む。
南3局で親番の堀選手がABEMAS 日向藍子選手に放銃して30,000点を切る微差のトップ出迎えた南4局で親番の滝沢選手に放銃して逆転されてしまう。
南4局1本場に日向選手と堀選手が立直をかけて逆転トップを狙うも上がることは出来ず、日向選手は2着、堀選手は3着フィニッシュとなった。
前回試合トップだった風林火山 松ヶ瀬隆弥選手は連勝とはならず4着となった。

第2試合は風林火山 勝又健志選手が1着。
東1局・東2局1本場2本場は和了はなかったものの、東3局3本場に親番のABEMAS 松本吉弘選手が3連続で和了を決めてトップに立つも、南1局に親番の勝又選手が4連続和了を決めて逆転する。
南3局で勝又選手が親番の松本選手から和了を決めて堂々の1着フィニッシュ。
サクラナイツ 内川幸太郎選手は親番の南4局で2連続リーチ2回和了で箱下ラスから復活しての3着フィニッシュ。
4着となった麻雀格闘倶楽部 佐々木寿人選手は実に7回のリーチを敢行するも1回しか和了を決める事ができなかった。

スポンサーリンク

1/24:パイレーツがUKコンビでデイリーダブル!週を跨いで4人で4連勝!

第1試合は、仲林圭選手が登板。
東1局でドリブンズ 丸山奏子選手に12,000点の放銃、次局8,000点の和了を決めるも、また次の局に宣言牌で8,000点の放銃となり幸先が良くなかったものの、東4局の親番で18,000点のロン和了を雷電 本田朋広選手から決めて4着から2着まで復活する。
南3局にこれ以上負けられないフェニックス 近藤誠一選手の親番で放銃することなく点数を稼ぐと、トップと微差の2着で迎えた親番の南4局で2連続で和了を決めて見事な1着フィニッシュ。
立直7回、和了6回と攻めに攻めての試合展開となった。
下位に沈むドリブンズ 丸山選手は中盤までは1着も見えていたものの、そこからの和了が遠く3着フィニッシュ。
4着となった雷電 本田選手は18,000点の放銃が痛すぎた。

第2試合は、鈴木優選手が登板。
序盤はドリブンズ 園田賢選手の2連続和了など他3者の攻めに対して受けに回ったが、東4局で8,000点の和了を決めると、南3局1本場でも5,200点の和了を決めて1着を走っていた雷電 萩原聖人選手に肉薄する。
迎えたオーラスの南4局1本場で逆転の手を組むと見事ツモ和了を決めて、2着と900点差の逆転トップとなった。
ドリブンズ 園田選手は序盤2回の和了を決めるがそこからの和了は遠く3着フィニッシュ。
フェニックス 茅森早香選手は南1局の12,000点の放銃が響き悔しい4着となった

パイレーツは1→1着で125.3ptのプラス。
なんとUKコンビもデイリーダブル!特に優選手の900点差のトップがデカすぎる!
優選手は暫くトップを取れていなかった分、これをきっかけに大爆発してほしいですね!

スポンサーリンク

最後に

Week16前半が終わって、チームランキングはこんな感じ。

©ABEMA

ポイントを増やしたいフェニックス・ドリブンズがポイントを減らしてしまう展開に。
特に久々登板の丸山選手は今季初トップが見えていただけにかなり悔しい結果となった。
そして雷電も遂にマイナス域に逆戻り。
ここまで好調だった本田選手を持ってしても嫌な流れを断ち切ることが出来なかった。

そしてU-NEXT Piratesは週を跨いで4人で4連勝!!ポイントも300ptを超えました!
この調子で目指せ1位!と言いたいところですが、まずは大きく減らさないようにコツコツ行ってほしいですね!

Mリーグの視聴はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
AbemaTV 麻雀チャンネル


今回はこのへんで。
ほなまた!

けんち

スポンサーリンク
けんち

DetourGeeksのPM兼作業担当。
東京在住、91年生まれのホークスファン。基本社畜。
主に坂道関連の記事とMリーグ観戦記を書いてます。
あと本サイトのページも大体作ってます。

けんちをフォローする
シェアする
けんちをフォローする

コメント