【 Mリーグ 篇:Week15−①感想戦→ABEMASが実に15戦ぶりのトップ! / 園田賢、久々に「なんなん」な試合】

Mリーグ

やほー!DetourGeeksのけんちです。

最近プロスピAのイベントを回してるのですが、『HRが打てません』←致命的
そもそもゲームは好きなんだけど、不器用だからプロスピとかウイイレはあんまり得意じゃないんよな。
とりあえずWBCガチャが来るまではガチャは我慢して石貯めメインでイベント回していこうと思います。

先週のブログはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Week14 前半
【 Mリーグ 篇:Week14−①感想戦→パイレーツが再びプラス域に浮上!/ ABEMAS多井隆晴が魅せる執念のラス回避】
Week14 後半
【 Mリーグ 篇:Week14−②感想戦→朱きヴァルキュリアが技アリの1着 / 船長が堂々の1着帰還!】


さて、前回までの順位はこんな感じ。

©ABEMA

いやぁ、、、、、、麻雀格闘倶楽部が強い。w
1位を取りに行く攻めの部分が他のチームと比べても異常に強い。
このチームをどこが止めるのかが楽しみですね。
3・4・5位争いも激化してきてるので、パイレーツはここで順位を落とさないようにしたいです!

ってことでWeek15-①感想戦です!
それではどーぞ!!

スポンサーリンク

1/16:ABEMASが15戦ぶりにトップ獲得! / 朱きヴァルキュリアが圧巻の大トップで連勝!

第1試合は、鈴木優選手が登板。
東1局に8,000点の親被りを食らうも、東3局に16,000点のツモ和了でトップを走るABEMAS 日向藍子選手を追いかける。
南1局の親番で3回の和了を決めて微差のトップに立つも次の局でまくられてしまい、迎えたオーラスに逆転の手を作るも和了ることが出来ず悔しい2着。
またしてもトップを取ることが出来なかったが大きい2着をチームに持ち帰った。
1位を取ったのはチームとして実に15戦ぶりにトップを獲得したABEMAS 日向藍子選手。
未だに4着を取っていない唯一の選手ですが、東1局の倍満ツモでリードを作るとしっかり守りきっての1着フィニッシュ。
チームに実に一ヶ月ぶりのトップをもたらした。
4着となった麻雀格闘倶楽部 高宮まり選手は4連勝をかけた登板だったんだがまさかの箱下ラス。
実に4回もリーチを掛けたが和了を決められず、3回の放銃で試合終了で久々の4着となった。

第2試合は、仲林圭選手が登板。
東2局に8,000点の和了を決めて、トップと300点差で迎えた南1局に麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗選手の猛攻に遭う。
そして南2局2本場に立直をかけるも伊達選手に追いつかれた上に18,000点の放銃となってしまい、その後も失点を巻き返すことが出来ずに4着フィニッシュ。
1着を決めたのは麻雀格闘倶楽部 伊達朱里紗選手。
南場の親番で実に4回の和了で54,000点を稼ぎ4回の放銃があったものの64,300点での大トップ。
いや、強すぎるんだまじでw
昨シーズンに10万点の大トップを取ったときと同じ流れだったよ?
2着はABEMAS 松本吉弘選手。
南3局で仲林選手から8,000点の和了を決めると、迎えた南4局で局を終わらせたい上家の伊達選手の差し込みで3,900点の和了を決めて2着でフィニッシュ。
この試合はまさに伊達劇場でした。

パイレーツは2→4着で28.7ptのマイナス。
本音を言えば、優選手のところで1位取りたかったけど、2→4着で-30pt以内で住んでることを考えると被害は最小限で済んだという感じか。
2試合目は、、、、うんwしょうがないとしか。

スポンサーリンク

1/17:サクラナイツの躍進! / 仲間の敵は東城が討つ!

第1試合はサクラナイツ 内川幸太郎選手が1着。
親番の東3局で2回の和了を決めてリードを築くと、中盤を耐えて迎えた南場の親番で18,000点の和了を決めて余裕の1着フィニッシュとなった。
3着となったドリブンズ 鈴木たろうは中盤に攻めていったものの、南3局で内川選手のチートイツに放銃して18,000点を失って微差の3着に落ち、逆転されて4着に落ちた状態で迎えたオーラスに風林火山 松ケ瀬隆弥選手から2,000点を黙聴で和了って逆転の3着フィニッシュ。
チーム状況が厳しいところでこれ以上は4着を引けないところをなんとか耐えた形となった。

第2試合はフェニックス 東城りお選手が1着。
親番の東2局で2回の18,000点の和了を決めるとリードを保ったまま局を進め、迎えた南4局も黙聴できっちり局を終えて1着フィニッシュ。
東城選手って第1試合でチームメイトが負けた後の試合って本当に強いイメージがあるんですよね。
2着のサクラナイツ 渋川難波選手は南場の親番で12000点の和了を決めて攻めたものの追いつくことは出来ず。
4着のドリブンズ 園田賢選手は親番の東4局に厳しい配牌から勝負手の聴牌まで作ったものの頭ハネで東城選手に和了られてしまい、またしても「なんなん」を発動。
ちなみにしっかりと試合後の配布検討で嘆いておられました。

スポンサーリンク

最後に

Week15前半が終わって、チームランキングはこんな感じ。

©ABEMA

ドリブンズのマイナスが更に増え、ABEMASが久々のトップで200pt台に浮上しました。
-600pt台で終盤戦を迎えるとなるとかなり厳しい戦いになってしまいますね。。。
パイレーツは未だプラス域に留まれているので、ここからコツコツとポイントを稼いでいきたいところです。

Mリーグの視聴はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
AbemaTV 麻雀チャンネル


今回はこのへんで。
ほなまた!

けんち

スポンサーリンク
けんち

DetourGeeksのPM兼作業担当。
東京在住、91年生まれのホークスファン。基本社畜。
主に坂道関連の記事とMリーグ観戦記を書いてます。
あと本サイトのページも大体作ってます。

けんちをフォローする
シェアする
けんちをフォローする

コメント