【 Mリーグ 篇:Week1感想戦→忘れていた攻めの姿勢、怒涛の1週目が終了 】

Mリーグ

やほー!DetourGeeksのけんちです。

ユニエアのマルチイベ、、、、きっつい。
結構石貰えるけど、、、、労力半端ないな。全然落ちないもんなぁ。
だいたい毎日1〜2時間弱回してるような気がするよ。。。
皆さんはどうですか?

さて最近麻雀のことしか書いてない気がするんだが、、、まぁいいでしょう。
好きなんだもん、Mリーグ

さて今週からMリーグが始まって、各チーム2試合を消化しました。
今週から1週間の感想をU-NEXTパイレーツをメインに独断と偏見でまとめていきたいと思います!

ってことで本編どーぞ!

スポンサーリンク

Day1:役満テンパイ→役満ツモ、ひりつく開幕戦

開幕戦となった月曜日、
初日の第1試合の萩原聖人選手の役満テンパイ、第2試合の伊達朱里紗プロの役満ツモと、
昨シーズンとは打って変わって、
役満がたくさん出そうなシーズンを予感させましたね!

我がU-NEXT Piratesは、
配牌になかなか恵まれず、初登板は苦戦を強いられた鈴木優選手が4着、
序盤5万点オーバーと差をつけたものの、役満に飲み込まれ瑞原明奈選手が2着と、
昨シーズン終盤を思い出させるような流れで初日を終えました。

スポンサーリンク

Day2:長尺の魔術師降臨、そして待ちに待った魔神、待望の初出陣

2日目となる火曜日、前日出場しなかった4チームが登場。
第1試合は魔術師の異名を持つ園田賢プロの巧みな局回しを存分に見せられたような半荘でした。
細かい和了と鳴きで見事1着、流石の園田選手でした。

第2試合は昨シーズンまで解説として活躍していた渋川難波選手の初登板、
我々視聴者は「渋川さん、どれだけやってくれるんだ」と思いながら楽しみに見ていました。
序盤から厳しい展開でしたが、耐えて耐えて南3局・4局に連続で和了りを決めて2着でフィニッシュ。
大好きな選手の一人ですが、思っていたよりしたたかな厄介な選手だなと思いましたね〜。

風林火山の二階堂姉妹は共に4着。苦しい1日となった。
推しのチームが4着−4着だと、もうしょうがないんだけどメンタルに来るんですよね。。。

スポンサーリンク

Day3:まさかの開局後7連続失点、バースデーに緊急副露速報発令

第1試合はまさに高打点和了りの嵐、見てる分には楽しいが座りたくはない一局でした。
餌食となってしまったのはドリブンズ 丸山奏子選手。
放銃2回で−18,400点だが、試合が終わってみれば−26,000点。
他3選手のツモで3万点以上削られてる計算ですね。
いやーキツいなと思いつつも、最後のツモ番無しリーチは流石だなと思いました。
最後まで諦めない姿勢を見せてくれたと思います。

第2試合は雷電 黒沢咲選手がバースデー登板となった試合。
昨シーズン、まさかの−1000Ptオーバーで圧倒的最下位だった雷電がここまでの3試合も3→4→3着と苦しい中での黒沢咲選手の登板でした。
滅多に鳴かず、鳴けばTwitterのトレンドに入る黒沢咲選手が、
自身の開幕戦で1副露して世間(Mリーグ視聴者)を騒がせ、
南1〜3局で連続和了りを見せての1着フィニッシュ。
和了得点も全て8000点と流石のセレブ打法でした。

スポンサーリンク

Day4:龍を継ぐものの初出陣、船長が意地の一発ツモ

第1試合は今季新加入で初登板となる仲林圭選手。
自分の大学の先輩に当たる方で(ちなみに瑞原選手、風林火山 勝又健志選手もですが)、
もともと仲林選手が書いていたコラムを読んでいたので、(そのコラムはこちらから)
今年のドラフトの際に名前が上がったときに「キャラ的に絶対サクラナイツだ」と思ったのですが、
パイレーツに指名され、かなり嬉しかったですね!

試合自体は序盤の和了と要所要所の守りで前半はかなり「1着取れるかな」と思ったものの、
後半サクラナイツ内川選手への放銃で2着になってから、
内川選手の猛攻に守りに入らざるを得ない状況になり悔しい2着でフィニッシュ。
新加入の鈴木優選手と比べると鳴きが多めなのかなという印象でしたが、
かなり攻めっ気が強くベースにあるのかなという印象でした。
降りてからのテンパイ取りはさすがだなと思いましたね。

第2試合は、U-NEXT Piratesの船長 小林剛選手が登板。
ABEMASの大エース 多井隆晴選手、サクラナイツのポイントゲッター 堀慎吾選手、フェニックスの剛腕 東城りお選手とかなりの苦戦が予想がされた試合でした。
そんなに頻繁に出る役ではない七対子が結構出た感じがするこの試合、
小林選手の4連続放銃とかなり珍しい事が起きつつも、
後半小林選手らしい細かい和了で点数を積み重ね、
オーラスで4着からワンチャン2着まで見える状況に持っていきつつも3着フィニッシュ。
トータル18局とかなり長い試合を制したのはABEMAS 多井隆晴選手。
シーズンオフ中の神域リーグでの絶不調を振り払うような1着でした。

スポンサーリンク

Week1 総評:パイレーツの1着はWeek2に持ち越し

Week1が終わっての順位はこのような感じ。

Week1で一番ポイントを稼いだのは、
KONAMI麻雀格闘倶楽部!
1着1回、2着3回と流石の攻撃力ですね、、、
開幕のスタートダッシュは完璧ですね。。。。

我がU-NEXT Piratesは5位。
4−2−2−3着と1着が取れてはいないものの、
点はしっかりと取れている気がします。
船長 小林選手の3着はかなり大きい3着でしたね。

他のチームで気になるのはEX風林火山。
鉄壁と言われる二階堂亜樹選手が1試合で2放銃、二階堂瑠美選手の2試合0和了はちょっと心配ですね。

スポンサーリンク

最後に

まだ1週しか終わっていないので、
これから目まぐるしく順位が入れ替わっていくと思います。

U-NEXT Piratesは火曜と木曜に出場予定ですが、
是非とも1着を取れるようにしつつも、パイレーツらしく4着を回避していって欲しいものですね。
今週の自分の願望は、鈴木優選手のリベンジですね!
悔しい4着を取ってしまった分、気持ち良い1着をとって欲しいものです!

視聴はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
AbemaTV 麻雀チャンネル

今回はこんな感じで!

ほなまた!
けんち

スポンサーリンク
けんち

DetourGeeksのPM兼作業担当。
東京在住、91年生まれのホークスファン。基本社畜。
主に坂道関連の記事とMリーグ観戦記を書いてます。
あと本サイトのページも大体作ってます。

けんちをフォローする
シェアする
けんちをフォローする
遠回りオタクの倉庫

コメント