【 Mリーグ 篇:Week2−②感想戦→UKコンビ3度目の登板、茅森早香は今年も高い。 】

Mリーグ

やほー!DetourGeeksのけんちです。

いつもMリーグを見る時は、大体何かしながらっていうのが多いのですが、
やはりこうして記事を書くとなると、ちゃんと見ないといけないわけです。
するとここで役立つのが「ABEMAプレミアム」
麻雀に限って言えば、過去の対局をさかのぼって見れるだけでなく、
追っかけ再生があるので7時から見れなくても8時から倍速再生で生放送に追いつくなんてことも可能。

今日は割愛しますが、そのほかにも様々なコンテンツが見れるようになるのでオススメです。

ってことで今回は感想戦です!
それではどーぞ!!

前回のブログはこちらから

【 Mリーグ 篇:Week2−1感想戦→役満プリンスの苦悩、ABEMASが早々に3勝目! 】

スポンサーリンク

完全無欠の1着!岡田紗佳、UKコンビは悔しい結果に。。。

第1試合は鈴木優選手が先発!
終始攻めていて、1位を期待できそうな感じでした。
東1局に和了を含め3回和了ったものの2回の放銃が響いて3着。
1位はサクラナイツの岡田紗佳。
4回の和了で4万点稼いでの1位、やはり親番での和了を取っての1位はかなり楽にしますね。
今年のパイレーツは親番で守勢に回されることが多いような。。。
逆に4着は風林火山の松ヶ瀬選手。
守備には定評がありこの試合も1回の放銃だけでしたが、和了が0で4着フィニッシュ。
和了が大事だというのが顕著に出た試合でしたね。

第2試合は仲林圭選手が先発。
内容的には全然悪くない、ただ和了れない。
そこに今回は序盤の雷電 瀬戸熊の怒涛の和了、
サクラナイツ 内川選手と風林火山 勝又選手のリーチ合戦に巻き込まれて、
結局は悔しい4着フィニッシュ。
1位は雷電 瀬戸熊直樹選手。
東1局で5万点オーバーまで持っていってリードを守りつつの1着フィニッシュ。
この試合はリーチ回数21回とかなりの打ち合いになりましたが、
かなりテンパイ率も高く、全員テンパイで引き合いなんて局もありました。
もしかしたら今年1面白い試合だったかもですね!

スポンサーリンク

この日はABEMASの日!圧巻の多井隆晴、白鳥翔!

第1試合はABEMASの多井隆晴選手が1着。
東4局の親番で3万点弱を稼いでの逃げ切っての1着。
配牌もかなり良いイメージでしたし、後半もしっかり守りながら売っていたのかなと思います。
いやー相変わらず手堅くってよ。。。強いの一言。
ドリブンズ 鈴木たろう選手もラストで8000点ツモっての2着。
後半は調子よく和了りを積み重ねたが、2着が限界。
麻雀格闘倶楽部 高宮選手は痛恨の3着。
放銃は1000点の1回のみだったものの、リードは守りきれなかった。

この日の第二試合はスゴかった。
なぜならばABEMAS 白鳥選手が忍びのように黙聴で和了り続け、
気がつけば77200点の大トップ。今年の最高スコアを更新です。
流石の一言でした、もう100点の局回しでしたね。
一方、4着はドリブンズ 園田選手でした。
茅森選手が南4局親番での24000点は、、、、ご愁傷さまでした。
あそこは流石に8筒止まりません。
止まるとすれば、、、、、うん止まりませんwww
そして茅森早香、、、、この試合の平均打点10000点ってどうなってんですかw
去年からバグってますねぇ平均打点がw
相変わらずヒヤヒヤさせてくれますね。

スポンサーリンク

最後に

ABEMASが今週一番勝ってますね。
8戦中7連対で5トップは強すぎますわ。
今年も序盤は最強ですね〜。。。
逆にパイレーツは最下位、、、、、
まずは1回トップをお願いします。。。。。

そして何だこの今年の序盤の対局は。
こんなにバチバチに打ち合うのか?こんなにリーチ出るか?
今年は放銃率が上がったとしても、和了率挙げないとキツいのかなと思わせる前半戦です。

UKコンビの二人はかなり攻めっ気の強い選手だと思うのですが、
結果が出ないのはやはり引きの部分なのか、、?
うーん来週こそは1着取って欲しいですね!

視聴はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
AbemaTV 麻雀チャンネル

今週はこのへんで。
ほなまた!

けんち

スポンサーリンク
けんち

DetourGeeksのPM兼作業担当。
東京在住、91年生まれのホークスファン。基本社畜。
主に坂道関連の記事とMリーグ観戦記を書いてます。
あと本サイトのページも大体作ってます。

けんちをフォローする
シェアする
けんちをフォローする
遠回りオタクの倉庫

コメント