齋藤飛鳥卒業コンサート 〜現地レポ Day2編〜

乃木坂46ライブ現地レポ

やっほ〜!!イケちゃんで〜す!!

昨日に引き続き今日はDay2についてです。

Day1のレポはこちらからご覧ください↓↓↓

セトリはこちらからご確認ください↓↓↓

スポンサーリンク

Day2 現地レポ

ついにDay2が来てしまいました。
ななみんの卒コンからずっと連番してくれてた中学の時からの友達と「飛鳥の最後だから一緒に行こう」と誘って久々に一緒にライブ行けました!

2日目のライブは飛鳥ちゃんのドラム演奏でスタートしました!
Day1とは違って「ジコチューで行こう」から始まりました!
与田ちゃんの投げキッスに苦笑いする飛鳥ちゃん、寂しがる与田ちゃんが愛おしくて可愛かったですw

2日間とも披露した「ハウス」「ダンケシェーン」は友達と久々にコールができて幸せすぎて楽しすぎました!
久保ちゃんのアレンジに美月の「やっぱ、あしゅりんだな」は反則でしたねw
飛鳥ちゃんも「だな!って言うな!」って言って可愛すぎましたし仲の良さが伝わってきました!

期別曲パートでは、5期生が「絶望の一秒前」、4期生が「I see」、3期生が「トキトキメキメキ」をそれぞれ飛鳥ちゃんセンターで披露してくれました!
やっぱり「I see」は最強すぎでした!声出し解禁されてから初めてでしたが声出しありだとこんなにも楽しいのかと声出しありのありがたみを感じれました!
間奏ではかっきーが飛鳥ちゃんへ想いを伝えるところは感動しました!
3期生楽曲は全部大好きなのですが久々に「トキトキメキメキ」披露してくれました!!
れんたんがずっと可愛くて癒されましたし飛鳥ちゃんと3期生ほんと仲良くなったんだなと改めて感じる事ができました!れんたんも間奏で想いを伝えてくれました!
やっぱり飛鳥ちゃんは偉大です!

その後はアンダーメンバーと「扇風機」「Against」を披露!
最後にもう1回「Against」聴けると思ってなかったのですごく感動しましたし、アンダーメンバーと披露してくれたことがすごく嬉しかったです!

飛鳥ちゃんが参加しているユニット曲が好きでたくさんやってくれないかなと思っていたらここから怒涛の披露が待ってました!
まずは映像研メンバーで「ファンタスティック三色パン」では全ツで見てた『恒例胸キュンお返しセリフ』を見れて幸せでした!ラストぶりっこ飛鳥ちゃん見れてよかったですwww

終盤はやはりエモエモゾーンでしたね!
飛鳥ちゃんが最初で最後の「人は夢を二度見る」を披露しました!
これはほんとにエモすぎましたね! 先輩メンバーが卒業して初のシングルを飛鳥ちゃんが参加して披露するなんて想像してなかったので度肝を抜かれました!
一生見れないものを見れて宝物になりました!

その後は「帰り道は遠回りしたくなる」「サヨナラの意味」とエモすぎる曲が続きめちゃくちゃ泣きました!
てかここから先はずっと泣いてました。
本編最後は「ここにはないもの」、Day1では1番最初に披露しましたがやはりDay2は最後でしたね!
本当に美しくて泣いて泣いて泣きまくりました。
飛鳥ちゃんらしいセトリで最高の終わり方でした!

アンコールは純白のドレスで登場しスピーチしましたね。
やっぱり卒業メンバーのスピーチは重みが違いますね。
ましては最後の 1期生色んな葛藤の中ここまで歩んできた歴史そのものを感じました。

スピーチ後は最初のソロ曲「硬い殻のように抱きしめたい」を披露。
何度か聴いたことはありましたが最後だと思うと色んな感情が込み上げてきて今までで1番感動しました!

その後は「僕だけの光」「ロマンスのスタート」「おいでシャンプー」と盛り上がり飛鳥ちゃんもメンバーも笑顔で楽しそうに踊っていてこちらも自然と笑顔のなりました!
やっぱりアンコールの「ロマンスのスタート」は大好きです!!

最後にさくちゃんと与田ちゃんと梅が飛鳥ちゃんに最後のメッセージを伝えました。
こんなの耐えられませんよね、やっぱり涙が止まらなくなりタオルがびちょびちょになってました!!

その流れで最後の1曲で「ジコチューで行こう」を披露して初めて泣きながらジコチューのコールしてました。
最後の最後まで感動しましたし最後の飛鳥ちゃんがやり切った笑顔がとても印象的でした!
最後まで乃木坂46の齋藤飛鳥でした。
11年8ヶ月本当にお疲れ様でした。
幸せになってください!!

スポンサーリンク

最後に

セトリがガラッと変わり両日行けたことは本当に嬉しく思います。
最後の1期生を見送る事ができたことで個人的に乃木坂の第一章が終わった感じです。

これからは第二章の始まりです。
色んな壁があると思いますが自分なりに支えになれるように応援していきたいと思います!!

まずは全ツですね!
行けるところは行きたいと思います!!

今回はこの辺で!!

バイバイ

イケちゃん

スポンサーリンク
イケちゃん

DetourGeeksの減量担当1。
新潟在住、97年生まれのマリーンズファン。
主に坂道とサッカーと新潟の事について書いています。

シェアする

コメント