ライブの醍醐味

乃木坂46

お疲れ様です。ゆうやです。

ライブで披露される楽曲は、どれもこれもその当時の思い出が蘇ってきて
イヤホンから聴こえるそれとは全く別物で、それがライブの醍醐味でもあるなと常々思ってます。

私が最も色々な感情が乗る楽曲

それが
三角の空き地

21枚目シングルのアンダー楽曲として披露されてから長きにわたり、
今も歌い継がれています。

今日はちょっとだけ、「三角の空き地」のお話をさせてください。

スポンサーリンク

切なすぎる恋愛ソング

初めて楽曲を聴いたときに、
どこかしらレトロな雰囲気漂うメロディーと
夏の終わりのあの何とも言えない切なさに似た歌詞
恋の終わりを後悔する主人公の気持ちに胸を打たれ
あっという間に虜になっていました。

センター中田花奈を擁して披露されるそのパフォーマンスは
儚さはもちろん。楽曲の印象とは裏腹に「強さと華やかさ」も持ち合わせていて、
ライブを観る度に好きになっていきました。

私が思う、乃木坂アンダー曲らしさが非常に強い素敵な楽曲です。

スポンサーリンク

佐藤楓と駆け抜けた2018年

2018年は自分の乃木坂オタク史上最も熱が入っていたといっても過言ではないぐらい
追いかけて追いかけまくった一年でした。

特に佐藤楓のライブのパフォーマンスに心を惹かれ、どの場所に立っていても
ずっと彼女の姿を追いかけていました。

佐藤楓の元気なパフォーマンスはもちろん、
三角の空き地での物憂げなパフォーマンスが
この後の佐藤楓をさらに成長させてくれたのではないかと思っています。

各地で行われる全国ツアーの楽しみが、
三角の空き地のアンダーメンバーのパフォーマンスになり、
もっと観たい、もっと肌で感じたいそう思うようになりました。

その後の北海道のアンダーライブでは全員のパフォーマンスのあまりの気迫に圧倒され
声を出すのを忘れていました。

握手会では佐藤楓と三角の空き地の話を何度も何度も交わし、
佐藤楓のライブに懸ける想いを強く感じたこともありました。

スポンサーリンク

幻のセンター

そこから、佐藤楓は選抜に選ばれるシングル、選ばれなかったシングルを経験し、
大好きな先輩メンバーの卒業を経て、一回りも二回りも成長していきました。

そんなとき、いつからか
「三角の空き地でセンター佐藤楓を観たい」そう思うようになりました。

アンダーライブ等で佐藤楓がセンターを務める楽曲はあっても、
三角の空き地をセンターで務めることは無く、
「叶わぬ夢か」そう思っていた時期もありました。

そんな中、コロナ禍で配信ライブとして開催された3期ライブでその時がきました。
あの頃とは違うセンター中田花奈の衣装を身にまとい、ぐっと大人になった佐藤楓が
画面の向こうでセンターとしてパフォーマンスをしていました。

もちろん、本当に感動したし素敵なパフォーマンスに心惹かれたのと同時に
「これでもう、佐藤楓がセンターをすることは無いかもしれない」という
不安と諦めも頭によぎりました。

スポンサーリンク

二度と観れないと思っていた

31枚目シングルで前作の選抜メンバーから再びアンダーメンバーとなった
佐藤楓の葛藤・決意全てを感じるべく参加した今回のアンダーライブ。

ライブ序盤、流れてきたのは何度も、何度も聴いたあのメロディー。

センターに吹っ切れた表情にもとれる佐藤楓の姿がありました。

「もう観ることはない、もう観れない」
そう諦めていた私は、これまでのすべての思い出がフラッシュバックし、
涙がこぼれていました。

あの頃から、乃木坂46で多くの嬉しい事、悲しい事、楽しい事、悔しい事を経験した
佐藤楓の想いの全てをぶつけられたような気がして、なんとも言い難い感情に包まれました。

スポンサーリンク

あと何回

佐藤楓もすっかりグループの中では年長者となり、
想像なんかしたくないですが、
残された時間は刻一刻と迫っているのは明らかです。

私があと何回、佐藤楓のパフォーマンスを観ることができるか分かりませんが、
あの頃から自分のスタンスは変わっても、ずっと応援していることは変わりません。

正直、あの頃ほど追いかけていない乃木坂46に対して少し後ろめたい気持ちがありました。

でも佐藤楓はあの頃と同じ、いや、あの頃とは比べ物にならないほど素敵な女性になっています。

最後、大阪のアンダーライブでもう一度その目に焼き付けたいと思います。

スポンサーリンク

ライブの醍醐味

書きなぐってしまって、めちゃくちゃかもしれないですが、
私の佐藤楓と三角の空き地の思い出を書きました。

皆さんも、ライブのパフォーマンスを観て
走馬灯のようにその頃の思い出が蘇ることもあるのではないでしょうか。

これも、長い歴史を誇る乃木坂46ならではですよね!

ちょっと乃木坂46から離れてしまっている、
そこのおひさま!!そこのBuddies!!!

今こそ、乃木坂46のライブに行きましょう!!

ほなまた
ゆうや

スポンサーリンク
ゆうや

DetourGeeksの配信担当
村井優のために生き。
村井優のために死ねる男。
主にゲームとプロ野球と村井優のことについて書いてます。

ゆうやをフォローする
シェアする
ゆうやをフォローする
遠回りオタクの倉庫

コメント

タイトルとURLをコピーしました